ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

投資について

ども。
ワイズエッグの秋國です。

25日の夕方のニュースで思うところがあったのでヒトコト。

blogos.com

旧ライブドアの株を購入した埼玉県の男性が、粉飾決算事件で損失を受けたとして、堀江貴文氏ら旧経営陣4人に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、「悪意や重大な過失があった」として計約9200万円の支払いを命じた。
判決によると、男性は2005年12月~06年1月、25万株を約1億8200万円で購入。その後東京地検特捜部の強制捜査を受け同社株価は急落し、男性は全株を約2800万円で売却した。

いろんな意見があるみたいだけど、個人的に思うのは一点。

株式というのは、そこの会社を応援。もしくは、儲かりそうだから購入し、それに合わせてもろもろの責任(有限だけど)も発生する。
損失がでたらでたでその責任を追う。はずだった気が。


なので、(どういう理由だろうが)株価が急落したからといって、損害賠償をするような考えなのであれば、そもそも買わなければいいのではと思う。
といっても、心情的には、、というやつなのだろうか。

 ・
 ・
 ・


で、話は変わり自分ごと。

うちの会社は、今のところ、投資を受けていない。(必要なかったから、投資を受けるような事業もできていなかったし。)

今後、いろいろ検討もしていくフェイズが生まれるのだと思うが、投資をうけるのであれば、
損失でてもカラッと笑うようなイケてるおっさんがいいな~。(ってその考えが甘いのかw)

広告を非表示にする