ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

インフラの重要性。

人類が生まれ、そして、世界四大文明が生まれ成長するとともに整備されているインフラ。
水路、道路、ダム。
インフラは公共事業、経済施策、軍事的な要因などでその時々に整備されていった。
江戸時代のインフラとかもすごかったらしいね。

そして、19世紀半ばには鉄道が生まれスゴイスピードで広まっていったんですが、、、

/////////////////////////////////////

11日の神戸の鉄道はもうえらいことになっておりました。
神戸市内には、
阪急電鉄阪神電鉄山陽電鉄という私鉄が走っているのですが、その込み具合といったらもう半端無かったです。

改札に入れず大渋滞。
新開地なんかは乗り合わせが多いのでホームから人が落ちるんじゃねーか?ってぐらい。
(写真はなんだか撮る気がしなかったので、ネットで調べてみてね。)

理由はコチラ。
www.sankei.com

JRの新駅(摩耶駅)で工事現場の足場が倒れたみたい。
大きな怪我をした人はいなかったようでよかった。

/////////////////////////////////////

改めて、今いるこの世界は基盤があることで成り立ってるねー。と思う一コマでした。

今、俺がしている生活、事業も以下のインフラがないとできないもんね。
 
 上下水道
 電気
 インターネット回線
 交通
 電話
 などなど

多分、しばらくしたら今感じているありがたみを忘れちゃうんだけど、こんな基盤を作ってくれた名も無き偉人たちに感謝です。