ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

BT‘63

ども。
ワイズエッグの秋國です。

昨日はクローズドな忘年会に呼んでもらい気持ちよく帰ってきた秋國です。

いや~。
まさか姫路まで行くとは。
ま、網干まででなく良かったかな。

さてさて、電車でのお供は、BT‘63

作者は、池井戸さん。

読み進めると、サスペンスとタイムスリップと人間賛歌の物語。

父が遺した謎の鍵を手にすると、大間木琢磨の視界に広がるのは、40年前の風景だった。若き日の父・史郎が体験した運送会社での新事業開発、秘められた恋……。だが、凶暴な深い闇が史郎に迫っていた。心を病み妻に去られた琢磨は自らの再生をかけ、現代に残る父の足跡を調べる――。父と息子の感動長編。

池井戸さんの作品でいうと
民王と、架空通貨を足して2で割ったような感じかな~。
今のところ、上巻は読み進めたくなる内容でした。

amazonのレビューを見てると下巻は、賛否両論わかれてんなー。
楽しみだ!

広告を非表示にする