ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

後2年で2020年。おっさんになる前に一回チャレンジしてみまーす!

ども。ワイズエッグの秋國です。

先ほど、大阪市の発表でOSAPの採択企業が発表されました〜!
サイトここです。

大阪市はココ。
大阪市:報道発表資料 創業期ベンチャー企業支援“OIHシードアクセラレーションプログラム(OSAP)”第5期を開始します ~参加ベンチャー企業が決定~
OSAPはココ。
第5期プログラム参加ベンチャー一覧|OIHシードアクセラレーションプログラム

スマホで下にスクロールするとワイズエッグ 入ってます!
タイトルにも関係してるけど、おっさんになって、脳みそ、身体の能力が落ちる前に、スタートアップとしてチャレンジしてみようかなーと思います。今まで、100%自己資本でやってきて、リスクの高い外部からの投資を考えた理由を、「DIIIGがクローズドβテストからオープンβテストに移行」した本日2018年6月5日に綴っておきます。

こんなこと書いてます。興味ある人だけ読んでねー。

ベンチャーとスタートアップについての違い(私見)について

以前、神戸のアクセラレーションプログラムで、ベンチャーとスタートアップについての違いについて話したことがある。

KOBEドリームキャッチプロジェクト通って、ベンチャー企業として、色々学ばさせてもらったり、シリコンバレーいっていろんな人にあったりする中での、あくまでも私見
体験してきたことと史実について独自の見解を含むものとしてでだけどね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

新しくできた小さな会社

  • スタートアップ:

新しいビジネスモデルを開発しゴールがある。ゴールを目指しごく短時間のうちに急激な成長を遂げる
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

短時間 急激に ゴールってのが、キーワード。

確度が高いものは成功し、確度が低いものは、あっという間に奈落の底へ。それがスタートアップ!!!まさにジェットコースター、猛スピードで突っ走る壊れかけの車。
(そういえば昔壊れかけのradioっていう歌あったね。
德永英明 - 壊れかけのRadio - YouTube

はてさて、話は変わり、ワイズエッグ。

ワイズエッグと、事業をしていて最近思案していたこと

2005年に創業して次の年に法人成り。
事業をやって13年。
ほんで、今、俺は39歳。早生まれなんで同世代はもう40歳、不惑の年です。
10年後、同じような「思い」でできてるやろうけど、体が多分ついてこない。そうすると情熱もだんだんと落ちてくると思う。
そんな中、家族・社員・事業に関わっているメンバーの時間をただただ小さな会社として消費していっていいんやろうか。
と数年前から思い始めてた。
人間が一番大事にしなければならない時間を使うなら、ビジネスとして新たな価値を作って、それぞれにリターンができればなー。と。

そして、2015年にブログでも書いててんけど、2020年には世界中にヒラメキを撒き散らしている。と、のたまってた。
こんな調子乗るようなことを書いてた。
世界への道 カテゴリーの記事一覧 - ワイズエッグ社長日記。

そう、2年後が2020年なのよ。

かといって、石橋を叩いて渡るようなことも書いてました。

2015年の記事には2011年に考えてた内容があったのを抜粋。(こういう時ブログっていいね。)
【不定期連載】世界への道その5 - ワイズエッグ社長日記。

ただ、自分としては、このテーマからはずれたくなかった。
周辺から見るとぶれてると感じることがあったかもしれないけど、個人的には2011年11月からずっと同じことをしてきた。
キーワードは

『O2O』
『新たな気づき、発見』

もともとは、
『子どもとお出かけして行くところがなくなったときにどっか行くところないかなー。』
『行った場所を120%楽しみたい』
『出張先の隙間時間の解消』
から生まれたこの企画。
スピードだせずイライラすることが結構自分自身あったけど、俺の性格自身、腑に落ちないことはできない人間なので仕方がない。

はてさて、妄言と思われそうなことを吐きつつも、石橋を叩いて渡るような感じで、2011年から色々と動きつつ、2015年からテスト運用をしてきたDIIIG。

現在力を入れている事業 DIIIGについて

DIIIG(ディグ)は「おでかけミッションを通じたO2Oに特化したコミュニティ」
地域の個性を軸としたコミュニケーションを図ることで、ニッチな情報が集まる仕組みを作り、地域のファン作りを行う仕組みを提供。
そして、以下のような世界を作りたいと思ってる。

f:id:hoteggman:20180605130341j:plain
地域の個性や特色に出会い、育てていく世の中へ。
DIIIGでは地域の個性や特色を軸にした小規模なコミュニティを形成し、ニッチな情報が集まる仕組みづくりを行っています。共通の生活地域や趣味思考を持つ人々をマッチングし、オンラインからオフラインへと新たなコミュニティの輪を広げていきます。

詳しくは。
DIIIGについて | DIIIG

2017年(2016年度)にはピボットをして現在へ。ピボットに基づくβ版テストもずーっとやっているところ。

PMFをしながら「熱狂的なファンを作って」「LTVを見極めるところやなー」と感じてた中、石橋叩きつつも、並行して、資金調達も考えとかなあかんよな〜。ということで、先輩経営者たちに意見もらいながら、どうすっかなー。エンジェル探そかなー。とか思っている中で、
タイミングよくOSAPが、募集してたんで出してました。

ってことで、OSAPに採択いただきました〜。
(会社自体は10年過ぎちゃったけど自社サービスのDIIIGの年齢がまだ若いから応募OKやったんです。)

OSAPってなに?(リンクへ)
OIHシードアクセラレーションプログラム

目指したいところ

本プログラムは、シード期~スタートアップ期のベンチャー企業を対象に、適切なメンタリングをはじめ、ベンチャーキャピタリストや大企業等からの助言を受ける面談や連携をコーディネートすることで、事業化を加速していただく取り組みです。

これを機会に
個人的には とんでもないことに出会ってもっと刺激と学びを受けて経営者として成長を
事業としては 日本を隅々までフカボリしてアジアへ。
法人としては 私的→公的な器へ

もうちょっと真面目なことを言うと、

DIIIGの事業をしているワイズエッグの株式を魅力的なものに育て上げ、その株式が世の中から必要とされるのかどうかを問うことを目標に、それまでに必要な経営戦略の磨き上げ、説得力のある実態を作って行くための土台作り をしていきたいなーと思ってます。

てことで、ちょっと、ジェットコースターに乗ってみよっかなー。って思ってます。
色々と想像絶する苦難もあるんでしょー。やけど腹もくくった。(そういえば、その昔に200億円まで借金してもいいって言うことを語ったブログがあったようななかったような)

ということで、今までお世話になっている皆さん改めてよろしくお願いしまーす。
一緒に無事にゴールしましょーーーーー(笑)

やるよー。やりまっせーーーーーー !