ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

代償。

一昨日、大阪から神戸に帰るときに買った一冊。
だいたいお酒飲んで読んでいる小説でどんなんやっけーってなるのは印象のない小説。

これは、お酒飲んでても胸がムカムカして、印象がありすぎる。
特に第一部。

どういうときに読むのがオススメの小説かはわからんけども、少なくともこういう人間は、世界に結構いるっていうことを再認識するには良い一冊かも。

広告を非表示にする