ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

一つの視点から見ていたら危険だという話。

『デジタルネイティヴの世代は、スマホばっかでPCは使わへん。』

っていうのはよく聞く。
特に、サービスの開発時にでてくる言葉。

ユーザーを動かすのであれば、その考え方に基づいて進めればいいんだけど。
今日、成毛さんのつぶやきと以下のを見て、改めて気づいた。

www.newsweekjapan.jp

その子達が、大きくなった時、資料とかどうやってつくんねん。
と。
図1なんか見たらそりゃあ、衝撃。

そりゃあ、スマホだけでできたらいいけど、視野が狭く広がりが見えない資料ができるだろう。

文中にある以下の内容がまさにそう。

こうして見ると、日本の学校の情報教育は立ち遅れていると言わざるを得ない。中等教育の現場で、コンピューターを使う頻度を増やし、提出物のやり取りをインターネットで行うなど、情報化社会の現実を体験させる必要がある。現実社会と同様、教育もまた情報化しなければならないはずだ。

本人や大人達が、望もうが望まないが、社会は情報化していっている。(僕もアナログな生活は大好き。自然に囲まれたり、座禅をしたりなど。)
だけど、社会が情報化する流れは変わらない。引用した文中にあるように、ちょっとずつでも世の中の現実を体験させる必要がある。

特に、このページの表1を見て引いたわ(笑)
日本の学生のパソコンスキルは、先進国で最低レベル | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
引用のデータがちょっと古いからこれが今はどうなってるのだろうか。