ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

英語の学び方。

シリコンバレーから帰ってきてなんともう一週間。

早いもんです。

で、表題の件。

英語で会話する時に、人に伝えようと物事を考えると結構無駄な言葉(多分文法と流暢にしゃべれないからだと思うけど)が省かれて本質的なものが見つかる気がしている。

なので、英語を使う機会を作りたい。
候補は以下かなー。

・英会話スクールに行く。(サークルみたいなんでも可)
・欧米の友達と遊ぶ。あ、でも遊ぶ関係の人いないな。(京都にいた時は、芸人を目指しているクリスっていう英国人がいたんやけどな〜。あの人何してるんだろ)
・留学生と交わるイベント開く
・海外の人らが集まるバーにいく。(でも結局酒飲んで馬鹿騒ぎするだけなんだよね)

この前知人とチャットをしていて出てきて一番楽しそうだったのが、留学生と交わるイベント開く。

《留学生が知りたい事を英会話で教えてあげる。》
というやつ。

・前提条件
人間は窮地に追いやられそれをクリアすると能力が向上する。

・内容
留学生は、日本について知りたい事(文化、歴史、地域、作法など)を知れる。
プレゼン側は、頭を絞りながら英語を使える。
・特徴
多くの留学生に囲まれ質問攻めを受ける。
英語で説明をしなければならないという環境になったら、かなり頭を使うので、身につく。

結構、面白い企画だと思うんだけど、どうだろ。

チャットをしていた方と来週会うので相談しよう!

広告を非表示にする