読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

【不定期連載】世界への道!その1

5年後に読みかえすことをイメージして、記事をこれからまとめようと思う(笑)

//////////////////////////////////////

どうせやるんやったら、世界にインパクトを与えてみたい。痕跡を残してみたい。ということで、日夜研究っていうか開発に励んでいるワイズエッグ。
少し散文的になりますが、概念やら、企画に至った背景、関わっているメンバー、現状報告など、備忘録代わりに徒然と。

まずは東京で2014年末から2015年頭にかけてさまよっていたときのことを。

f:id:hoteggman:20150706143730j:plain
【写真は渋谷】

//////////////////////////////////////

そのとき世界に広げる道筋って何があるねん。株式公開、exitやらあるけど実際どうなんやろ。と悩んでた訳です。
そう、サービスも完成していないのに(笑)
(前職で、勤務先の会社が上場したため、なんとな~く何が大変で、そしてどんな嬉しいことがあるかは体感できた。しかし、それは経営者の視点ではなかった。)

でも自分の中で腑に落ちないとあんまり動きたくない性格の僕は、色んな人らに教えてもらいにいきました。

直接会った人はこんな人たち。(イベントに参加したとかではなく)

■東京
テッククランチに来る人たち
東京で活躍しててだいたいITのニュースに出てくる会社に投資をしている人たち
300億円借金してから復活したお兄さん
電話で数十億円の借金の依頼をして電話だけでOKをもらったある企業の人
クラウドソーシングの会社をつくった人
大手口コミサイトのしゃちょう

■関西
関西で上場を目指している企業さん
関西の投資家

印象に残った言葉は以下。

東京にいる理由=打率が一緒でも打席が多くなる。
その地でやる必要ないプロジェクトでない限り東京以外でがんばっている企業には投資をしない。
その年齢で、東京きて若いやつらと戦える?

なるほどね~。

で更に感じたのは以下。

東京は東京で、上場やexitの流れができていて、かんなり太いネットワークが構築されている。
まあ、あいつがやるんなら助けたろう!とか、応援したろ!とかいうやつね。
要は僕が神戸でやっているのとおんなじようなネットワーク。

なるほど、ここを張り合ってもしゃあないな。と感じ、じゃあ、神戸から上を目指そうと決めたのが、

2015年2月ごろのこと。

ここから色々と行動に移していったのだ。

次回に続く>>


////////////////////////////////////////////////
毎日書くよプロジェクトやってるよ(それまでは忙しいのを言い訳に不定期でした。)】
スタート日 2015年6月30日(先勝)
ただ今連続 8記事(連続7日)