読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

僕なりのオープンデータの解釈(その1)

オープンデータについて考える機会があったため、勉強がてらブログに掲載。
秋國なりに捉えたオープンデータなので、解釈ミス、情報不足や、勉強不足の点については、生暖かく指摘してください。(最初から勉強をしていれば、こんなブログを書く必要もないんだけどね。)


さてさて、


オープンデータが一時期バズワードになったことがありました。
聞いた当初から頭の中にあったのは、データをオープンにするだけなのに何が凄いんやろうと思っていたこと。

そもそも何かを解決するには、データはオープンにしないといけないしするもんやん。という思いもありました。。

そんな中、
COPLIという団体で僕は事務局長をやっており、その中の委員会の一つU35で、オープンデータを題材にしたアイデアソンをやろうという案が急浮上!

でチームを組んで進めていたわけです。
で、オープンデータを利用してのアイデアソンを行なうにあたり、どうしてもやる気が100%にならない。
このやる気がマックスにならないのは何故なんだろう。
このテンションやと、実行することが目的になっちまって半ばでだれる気がするぞ!
なぜこのテンションなんだ!と考えると
やはり、オープンデータに魅力を感じないからだということにいきつく。

んー。これはラチがあかんな。
ということで、その分野に詳しい
code for hyogoの榊原さんの所へ。

榊原さんは一番左のナイスガイで色々とCOPLIにも協力をしてもらってる方。
となりはU35のリーダー久保さん。


code4japan.org


この場所で、榊原さんと話すことで、僕の悩みは解決し、オープンデータについての解釈を間違っていた事にきづいたのです。

そう、この時までは、オープンデータってデータをオープンにしてるだけじゃん。
データオープンをするのは普通じゃん。って思ってた。

次回に続く!


///////////////////////////////////////////////



【毎日書くよプロジェクトやってるよ(それまでは忙しいのを言い訳に不定期でした。)】
スタート日 2015年6月30日(先勝)
記事数 2記事