ワイズエッグ社長日記。

ひらめきをカタチにする会社ワイズエッグの代表取締役をやっています。今、集中しているのはあらたな気づきを得るサービス構築。

ひらめきが産まれやすいシーンを羅列し共通項を考える。

以前の投稿で ひらめきって何だ!!

てのを書いた。

 

今日は、ひらめきが産まれやすいシーンを羅列して、共通項があるかを考えてみようと思う。

f:id:hoteggman:20140410004208j:plain

個人的によくひらめきが産まれるシーンが以下。

 

1、走ってる時。
同じ運動でもこれが走るんやなくてスポーツじゃ全くひらめかない。(テニス、サッカー、サーフィン。頭使うから、脳みそにひらめくスペースが無くなんのかな。)
どっちかいうたらイノベーション系のひらめきが多い。

2、スタッフと話している時
煮詰まった時に話をすることもあり、新たな切り口のものを閃く事が多い。あと、スタッフの能力や性格が様々な為、違う角度から物事を見る事ができるからだろう。

3、一人ブレスト&マインドマップ
そもそも課題解決や、企画を練る時に行なうので、そりゃ、閃くね。ただ、帰納法的な思考の為、新たなひらめきっていうのは少ないかな。

4、子どもと遊んでいる時。
子どもの視点で考えるので、違う角度で物事を見る事ができるためか、イノベーション系が多い。ただ、あんまり、ITにつながる事をあまり閃かない。

5、泳いでいる時。
走っているのに続いて運動の際によく閃く。
ただ、スピードを測ってたら、閃いた試しはない。どっちかいうたらイノベーション系のひらめきが多い。

6、お風呂
そんな熱くないお風呂つかってボーってしてた時。どちらかというと課題があって、その課題をどう解決しようかなーって思い悩んでいるときに多い。

7、寝る前
夜は、脳みそがオーバーフローしているのか、色々ひらめく。ノートに書き留めて朝ノートを見て、使えるネタは50個あれば1個あればいいほうかな。これは(もしや)ひらめきと呼ばずに一般的には思いつき。といわれている部類になりそう。(笑)

番外編 朝起きた時
寝る前に、解決せなあかん事を考えながら練ると、結構、シンプルな答えが起きたら浮かんでいる事がある。寝ると頭の中身が整理整頓されるっていわれる由縁やろね。

 

■まとめ

羅列してみて、共通項を探すも、上記の行動全てに共通する項目がない。

なので、上記の行動をする前に、何をしていたかを考えてみる。

すると、

 

A、インプットをかなりしている。

取引先との打合せ、情報誌(クーリエとか)の速読、小説(経済系)、インターネットメディアのうち、どれか2つの情報で頭がパンパンな時が多い気がする。(お酒の席でのインプットや、テレビによるインプットからは、あんまないな。)

 

Aについては検証をする余地がある(記憶をたよりにしたものなので)けれど、ひらめくシーンの共通項として、『インプット』と『その後の行動』による因果関係はありそうやね。

 

次回以降は、以下の内容を深堀してみるのも面白そうだ。


1、各行動が何故、ひらめきにつながるのか。
2、Aのインプットはどれぐらいの量か。
3、Aの時の感情はどんな感情か。

2と3については、どうやってデータとして残したもんだか。